› はいきょ漫遊記 › 2014年06月

  

Posted by at

2014年06月30日

台湾・台東市①台東最大の廟「天后宮」と台東のおじさん

台南から台東まで列車移動からの台東市内観光icon17
(参照記事:台湾・台南市⑤台南の車窓から


あまり高い建物のない台南市よりも更にのどかな雰囲気の台東市。

台南市↓


icon50

台東市↓






暑いからなのか何なのか、朝10時半頃でしたが人通りも少なく店もほとんど閉まってましたicon103
開いてそうなお店の店先でも上半身裸やタンクトップ姿のおじちゃんが平気で作業しているような、それくらいのんびりとした街ですface01
時間の流れが台南とは全然違うicon125



そんな台東縣台東市にある、台東最大の廟「天后宮」





立派な狛犬が迎えてくれますicon53


狛犬マニアツアーの行程に入ってるのかな~と思いながら中へicon12










中に入ると地元の人らしきおじさんが何人か影に座って涼んでおられましたicon112

1人のおじさんに中国語で声をかけられ、中国語が話せないことを英語でそれとなく伝えると、今度は英語で質問icon53
こんなに長閑な街でも英語を話すおじさんがいることに少し圧倒されつつ
二人してたどたどしい英語で「どの国から来たのか、台東に来る前はどこを回ってきたのか、昼食はこの後どこで食べるのか、日本にこういうお寺はあるのか」みたいなことを話していました。


そういえばこの添乗を通して中国人観光客や台湾人スタッフに何の疑いもなく中国語で話しかけられ、その度に英語で返すというようなやりとりが何度かありました。
その中でも一番驚いたのは、この時の日本人女性スタッフ全員を台湾人だと思っていたお客様が何人かいたことですicon103icon59

外国人(中国人)に現地人(台湾人)と間違われるのはまだわかりますが、日本人にも日本人と思われてなかったことにビックリw
でもよく考えると現地人に現地人と間違われるのもなかなか・・・・

お客様は「だからすごく日本語上手だな~と思ったのよ~」とおっしゃっていましたが、それぞれ名札にいかにも日本人らしい名前が書いてあったはずなんだけどな・・・・・face11




子供が元気に走り回っていました




これはミニサイズの狛犬たち


一つ一つ微妙に違います





台湾人はとても信心深いということで、この時も若い女性が何名かお参りしているのを見かけました。


縁結びのような神様?もいるとか何とか





オレンジの光の中にいると「台湾に来た!」という気持ちが一層高まりますねface01



台東観光はまだまだ続きますicon51





そういえば台東ではまるで沖縄に来たかのような錯覚に何度もとらわれましたface02
沖縄行ったことないけどface07




  


Posted by カモ at 15:37Comments(0)アジア台湾

2014年06月27日

今年の夏休みはどれにしますか?後編

前編:「今年の夏休みはどれにしますか?」
(イスラエル、フィリピン・パラワン島、モンゴルのツアーを掲載しています)



④イタリア・トスカーナ、その他田舎にのんびり滞在、体験型ツアー

『のんびり過ごしたいアグリツーリズモ in イタリア7日間』
(7/20、8/17)


夏だけど海より山派!でもイタリアやヨーロッパの有名どころばかりを観光するツアーには飽きた!という方におすすめのこのツアーicon53
忙しない観光はほどほどに、体験型アクティビティ満載なところがアグリツーリズモの魅力の一つですface01
料理教室、ヨガ教室、ハイキング、バーベキューなどなどひとえに体験型アクティビティと言っても気軽に参加していただけるものばかりですicon16
そして観光では、由緒正しきワイナリーや滅びゆく天空の街など伝統と歴史を感じさせる古き良きヨーロッパの空気溢れるところに立ち寄りますicon12
アグリツーリズモの宿はヴィラ様式が基本!
別荘のような宿は、温かみがありどこかホッとするような雰囲気に包まれることでしょうicon01




⑤広い大地で暮らす生き物の営みを感じるタンザニアサファリと歴史の街ザンジバル島の世界遺産

『贅沢はアフリカにあり!~忙しいあなたに、心の洗濯を~』
(7/16、8/20)


暑さを避けたいのにわざわざ夏にアフリカ??と思われるかもしれませんが、
南半球に位置するタンザニアの高地では大雨期と小雨期の狭間の6~10月が最も涼しくなりますicon53
乾季である夏は朝夕と昼で15℃程の寒暖差がありますが、草木が生い茂る雨期では見つけにくい動物達に出会えるかもしれませんface01
そしてこのツアーではマサイ族の村にも訪問し、その生活の様子を見学させてもらいますicon12
都市での暮らしとは異なる生活をしているマサイ族の方々の姿に、何か感じるものがあるかもしれませんicon108
催行人数は4名から最大でも8名まで、そしてホテルはロッジタイプのデラックスホテルということで、都会の喧騒や団体旅行の煩わしさから離れるには一番おすすめのツアーですface02




⑥象使いになってラオスの象と間近で触れ合おう

『ラオス・ルアンパバーンで象使い訓練を受けよう 5日間』
(8/5)


お子様の夏休みに合わせてご旅行される方へ一番おすすめしたいのはこちらの象使いトレーニングツアーですface01
トレーニングは一日のみ修了書まで貰えるのでお子様との楽しい思い出づくりにはもってこいですicon112
翌日はメコン川遊覧や酒造りで有名なサンハイ村に立ち寄ったりなど、大人も楽しめるプランとなっていますicon53
托鉢体験など仏教信仰が過半数を占めるラオスならではの体験は、子供には興味深く大人にとっては敬虔な気持ちにさせてくれるものとなるかもしれませんicon53




これまで7月中旬から8月いっぱいまで夏に催行を企画しているツアーを独断と偏見によって紹介してきましたが、改めて普通のツアーが一つもないですねface11
おもしろそうです^^



お盆休みや夏休みがこんなに取れない!けど海外に行きたい!という方は、海外の個人旅行もお取扱いしてますのでぜひお問合わせくださいicon12





おわりicon49  


2014年06月25日

今年の夏休みはどれにしますか?前編

6月も半ばを過ぎ、夏が近付いてきましたicon01
夏休みの予定は決まりましたか?face02


夏の旅行の参考に、漫遊で予定している夏のツアーをご紹介しますicon125icon97



①死海で水遊び&泥パックでミネラル補給

『死海でエステ&時空を超えた街並み散策 in イスラエル7日間』
(7/12、8/23)


紫外線の気になる夏、海で遊ぶのはちょっと・・・face07という女性にもおすすめなツアーです。
紫外線の届かない低地にある死海なら日焼けの心配もいりませんface01
しかもミネラルたっぷりの泥パックでお肌に栄養を!
三大唯一神宗教の聖地でもあり、
大昔から世界の歴史に名が登場するエルサレムでは神秘的な雰囲気を味わえます。
旧市街の夜景はとてもロマンチックですよicon99
そんな街並み散策とショッピングタイムも予定されている盛りだくさんのイスラエルのツアーは、夏だからこその魅力満載のプランですicon53




②青い草原を馬に乗って駆け抜けるモンゴル

『乗馬好き集まれ!3日連続乗馬だよ。モンゴル6日間』
(7/3、8/21)


熱がこもりやすいコンクリートの中で生活していると、夏はとても過ごしにくいですよねface07
そんなときはにじむ汗も乾かないじめっとした日本を脱出してモンゴルへ!
青々とした草原の中を駆け抜ける爽快感はモンゴルでしか味わえませんicon112
馬に乗って、湿気の少ないからっとした風を感じて下さいface01
他ではなかなか経験できないゲルでの宿泊体験もicon100
日本よりも広く感じられる夜空に浮かぶ星は圧巻ですよicon99




③パラワンの地底河川トンネルとアイランドホッピング

『地底河川トンネルとアイランドホッピング パラワン5日間』
(8/14)


夏はやっぱり自然と青い海!という方におすすめなのがこのツアーですicon53
世界遺産にも登録されている地底河川トンネルは、潮の満ち引きの関係により手つかずの自然が残されている鍾乳洞ですicon126自然の神秘に出会えるかもしれませんicon12
そして青い海と言えばアイランドホッピング!
このツアーでは、それぞれ特徴のある3島をめぐりますicon19
透き通る海でシュノ―ケリングもできますよicon125
海を楽しむ上で忘れてはいけないのがおいしい海産物ですねicon53
開放的なレストランでの新鮮な魚介料理もご堪能くださいicon142




次回は後編を更新しますicon51





  


2014年06月23日

台湾・台南市⑤台南の車窓から


台南から台東まで列車で移動する日がやってきましたicon147icon150



台湾の中央を縦に高い山脈が連なっており、台南から台東に行くには高雄を通ってぐるっと回らなければいけませんicon53

朝6時23分発の列車で台東駅へ
列車の中は地元の通勤・通学の方々でいっぱいでしたicon16
車内販売もあり、ごみの回収にも来てくれますface01

約3時間10分後、台東到着予定icon133



この間、なかなか見ることはできない台南~高雄~台東の景色をただひたすら見続けていましたicon53


指定席なので3時間も苦じゃありませんface01






景色は九州とほとんど変わらないような感じがしましたicon53


この辺りからパイナップルや檳榔、マンゴー、琵琶などの木が増え始め、緑が一層濃くなっていきますicon125








東海ってことは太平洋かな??




途中で何回か大きな街を通過していきますicon146



途中でようやく海が!台東に近付き始めましたicon112




山の中に入ってもマンゴー畑は多く、この時期は袋を被って収穫を待っているところでしたicon169


この袋を被っているのはほぼ全てマンゴーicon169


水田?みたいな水溜めがいくつかありました。


台東の外れの方にある知本を通過icon108

あと一駅ですicon53
この知本には温泉があり、台東でも観光客の多いところとして有名ですicon130

ここには後でバスで観光に来ますが、それはまた別の記事でicon49


そうこうしている内に台東到着icon12


台東市内観光へつづくicon51




  


Posted by カモ at 15:45Comments(0)アジア台湾

2014年06月18日

台湾・台南市④安平古堡と安平豆花

台南市の安平区は海に面していて、
日本統治時代に台南に住んでいた日本人も海水浴に訪れていたそうですicon53


安平古堡はオランダ統治時代の始まりである1624年に建設された、
台湾で最も古い城堡ですicon57


この日は雨だったので晴れの日の写真をお借りしました。


オランダ統治時代、この安平は台湾統治の拠点とされていましたicon53
時代の変遷と共に軍装局の役割を果たすようになり、
日本統治時代に税関として再建されるまでは廃墟と化していたそうですicon112


元々はこんなに大きかったようです。



その当時の大砲や城壁のレンガが残っていましたicon53







そしてもう一つ、安平と言えば「安平豆花」



(豆花⇒「肌寒くても温まるスイーツ」


バスの中で撮ったのでちょっと暗いですが、とてもおいしいですよ!face02
前回台湾に来た時(上記リンク参照)は温かい豆花を食べたんですが、
今回は夏ということもあり冷たい豆花でしたicon179

豆花の豆の味も濃厚で、汁もすっきりな甘さでかなりお腹いっぱいになりますface01


台南に行かれる際はぜひ安平まで足をのばしてみてくださいicon01


つづくicon51






  


Posted by カモ at 17:18Comments(0)アジア漫遊台湾

2014年06月16日

台湾・台南市③杏仁かき氷とは

台湾と言えば甘味が充実していることでも有名ですねicon179

(参照:台湾③肌寒くても温まるスイーツ


今回は6月だったということもあり、かき氷を食べに行きましたface01





陈记手工杏仁豆腐 CHEN DESSERT
(陳記)
台南市中西区民族路二段172號



メニューがたくさんあり、
全て中国語なのでとりあえず漢字の雰囲気で選ぶことに。

杏仁豆腐(刨冰)


①薏仁 35元



ポン菓子の粒々のようなトッピングですface08


刨冰というのは「かき氷」という意味で、
このかき氷の下に杏仁豆腐がゴロゴロ入っていましたicon88


②紅豆薏仁煉乳 45元



「紅豆」が唐あずき
「薏仁」がポン菓子の粒々みたいなもの
「煉乳」が練乳のようですicon53



③巧克力 40元



チョコレートでした!
中国語ではよく外来語に当て字を使いますが、雰囲気でなんとなく分かるものが多いのに
これは全然想像もつきませんでしたicon88


後日、売店のアイスクリーム保冷庫でも同じような表記を発見icon53





杏仁豆腐は牛乳寒天のような口当たりで、
みずみずしかったですface01




お店の雰囲気はこんな感じで





とても庶民的icon53


冬は温かいデザートもあるようなので、
台南に行かれる方はぜひ!icon12


つづくicon51






  


Posted by カモ at 11:14Comments(0)アジア台湾

2014年06月14日

台湾・台南市②夜の街並み


あまり高い建物のない台南市街icon53

夜も台北に比べると静かで、夜空を近くに感じましたicon02












それでも街中は活気があり、人も賑やかに行き交っていました。




日本式のラーメン店もあるようですicon53



勿論台北でも低層ビルしか建っていないようなエリアは多くあります。
それでも途切れることなく建物が続いていたり、ずっと進めば遠くに高層ビル群が見えてきたりと
何かしら都会の要素を感じずにいられないのですが、
台南では自分を中心にして半径300mくらいで街が途切れているような感覚でしたicon112



台南市はミニマムな街ですicon12



つづくicon51



  


Posted by カモ at 15:42Comments(0)アジア台湾

2014年06月12日

台湾・台南市①日中の街並み

先日、100名弱の団体旅行のお手伝いで台湾に行ってきました。
最初に訪れたのは島の南方に位置する台南市。



古い建物をそのまま残し使い続けているのは台北でもよく見る光景ですが、
台南は見ての通りあまり高い建物が見当たりません。
平均的に低いビルや建物をよく見かけます。

高層ビルが乱立する台北とは少し違う雰囲気を感じられますねicon53













つづくicon51




  


Posted by カモ at 17:35Comments(0)アジア台湾